睡眠とアルツハイマーの関係について、良質な睡眠がアルツハイマーの予防に?がる

お肌の生まれ変わりは夜に行われますから、その時間帯にしっかり睡眠を取らないと、
肌の老化にも?がってしまいます。
でも、仕事に家事に育児に忙しい生活を送っていると、つい睡眠不足になりがちですよね。
睡眠不足は美容に影響するばかりではないんですよ、
睡眠不足は健康面にも悪影響があるんです。
不規則な生活をしていると、体内時計が狂ってしまうんです。
そうすると、糖尿病や高血圧、うつ病などを発症する確率が高くなってしまうんですよ。
それだけではなく、睡眠不足は、アルツハイマー病を引き起こしてしまう事も解明されているんです。

 

アルツハイマー病の原因には、アミロイドβという異常なタンパク質が関係している、
と言われていますよね。
この異常なタンパク質が溜まってしまうと、アルツハイマー病を引き起こしやすいと言われてるんですよね。
そして、このアミロイドβは、睡眠不足になると蓄積しやすいんです。
睡眠中というのは、脳の老廃物が排出されるんですが、その老廃物には、アミロイドβも含まれているんですよ。
つまり、睡眠を取る事によって、アルツハイマー病の原因となるアミロイドβを、排出する事ができるんです。
でも、睡眠不足になったら、この物質を排出する事ができませんよね。

 

忙しい方にとっては、いくら睡眠時間を作りたくても、なかなか時間を作る事ができないかもしれません。
でも、日中に15分や20分の昼寝をするだけでも、とても効果的なんですよ。
睡眠時間ではなく、質の良い睡眠を取る事が大切なんですよね。
人間の身体は、陽が昇ったら起きるという体内時計になっています。
夜更かしをしたからといって、遅くまでダラダラしているのではなく、規則正しい生活を送る事が、
質の良い睡眠を作る事に?がります。