保育園で感染症が流行るシーズンの感染対策

保育園で感染症が流行るシーズンの感染対策

保育園では、必ずと言っていいほど感染症が流行る時期があるんですよね。
小さな子供は免疫力が低いので、ただでさえすぐに熱を出したり、風邪を引いたりします。
冬場は特に、インフルエンザや感染性胃腸炎が流行しやすいんです。

 

感染症のほとんどは、飛沫感染なんですよ。
子供って、すぐに泣いたりしますよね。
だから、保育園で予防するのってかなり難しいんです。
感染症の対策として基本的な事は、うがいと手洗いですね。
その他にも、感染症が流行る時期には、マスクを着けるようにしてるんです。

 

働いている私達も、気をつけなくては行けない事が沢山あるんです。
保育士は、園児を抱っこしたり、近づいたりする事が多いですよね。
それが原因で、ウイルスが咽頭についてしまう事があるんです。
そうすると、他の園児に感染してしまう可能性が高いですよね。
だから、しっかりと感染症対策をしていないと、すぐに保育園の中で蔓延してしまうんです。

 

インフルエンザが流行っている時には、アルコール消毒を徹底してますね。
椅子やテーブルもアルコール消毒してますよ。
感染性胃腸炎が流行っている時には、次亜塩素酸で消毒をしてます。
汚物や吐物は感染の原因になるので、処理をする時にも慎重に行ってますよ。

 

看護師は、保育士にも感染症について理解して、対策を徹底してもらう為に、勉強会を行ってるんです。
働いている私達が、感染症対策の知識や手技がないと、防ぐ事ができませんよね。
毎年、感染症が流行るシーズンが近づくと、保険便りを発行して、家族の方にも注意してもらうようにしてるんですよね。
完璧に対策を取る事はなかなか難しいんですけど、出来る限りの事をして、感染症が蔓延しないように頑張っていますね。