小児科クリニックの感染対策

小児科クリニックの感染対策

感染症にはいろいろな種類がありますよね。
インフルエンザ、ノロウイルス、水疱瘡、流行性耳下腺炎、手足口病、リンゴ病など、子供の病気は感染症が多くて、
そのような患者さんが、毎日クリニックに受診しに来ています。
だから、受診に来た事で、待合室や点滴室で感染症を貰ってしまう危険が多いにあるんです。
せっかく何の感染症もなくて元気で、予防接種を受ける為にクリニックに来たのに、
感染してしまったら本当に困りますよね。
クリニックでは、感染症対策を行って、感染を防ぐように、常に心がけています。

 

感染を防ぐ為には、隔離する方法が一番なんですよね。
感染症の疑いがある患者さんは、待合室で他の患者さんと一緒になる事がないようにしています。
クリニックの中には、隔離できるスペースがあるので、そこを利用しているんですけど、
冬場には感染症の患者さんが沢山訪れるので、間に合わないんですよね。
だから、車の中で待っていてもらう事もあるんです。
点滴室も、カーテンで仕切りを作っていますね。
とにかく、出来るだけ感染症の患者さんと接触しないようにする事が大切なんです。

 

看護師の私達も、うがいや手洗いは何回も行っています。
看護師が感染症にかかってしまったら、仕事に支障をきたしてしまいますよね。
だから、予防接種は必ず受けてます。
待合室やトイレ、点滴室など、クリニックの中を常に清潔にして、消毒する事も大切ですよね。
ノロウイルスが流行った時には、次亜塩素で消毒をしています。

 

子供は免疫力が低いので、すぐに感染症をもらってしまいがちですよね。
クリニックは病気を治す為に来る所なんですけど、病気の患者さんが集まるところなので、
新たな病気をもらってしまう事もあります。
だから、出来る限りの対策をとってますね。